ひと段落

4/28、C-Styleの6周年GIGに出演させていただきました。

SET LIST

1、東京
2、少年のように 少女のように
3、ララルラ
4、餡掛肉御飯(with C-Style)

C-Styleとももう3年以上。
6周年ということは、半分は関わってきたということですね。

そしてこうしてイベントにまで出演させていただいて、
こうして一緒に6周年をお祝いすることができて、
もう本当に嬉しかったし、光栄なことでした。

僕の中で、これはポリシーとしてなんですが、
作曲家としては、本来は裏方でありたいのです。

最近多い気がして。
作曲家のみならず、支える側なのに表に出てきてベラベラしゃべる人が。
そういう人が苦手だから、そうありたくないと思っているんです。

それは、
僕という人間が書いているという先入観を曲に感じて欲しくないからで、
あくまでも曲はアーティストのものだから。

そういうところ、僕はとってもカタブツです。ガチーン

なので、普段どういう曲を誰に書いているか、
それはあまり公表しないようにしています。

でもC-Style、そしてC-Styleファンの「シース隊」皆さんは、
こうして僕をアーティストとして迎え入れてくれて、
そして演奏を楽しみにして下さいます。

だから、いつもC-Styleのイベントは本当に楽しみで、
作曲家とかそんなの抜きにして、思い切り楽しむことが出来ます。
(実はちょっとだけまだ恥ずかしいんですが笑)
本当に本当にありがとうございます。

今回、シース隊を始めとする出演者含め皆さんから、
なんと誕生日のサプライズが!!!!!!

兄がせっかくのケーキを顔面に押し付けるという、
裏方でそんな陰謀が動いてはいたようですが、
(もちろんめっちゃ美味しく完食しました)

この日の主役は僕ではないのにこんな幸せをいただいてしまって、
僕は世界一幸せな作曲家だなと、心から感動を覚えました。

いただいたお花
手作りケーキだったそうで!
お店のケーキ以上に美味しかった!!

C-Styleのパフォーマンスは特別に素晴らしくて、
3年でここまで進化するんだなあって、改めて感心してしまいました。

MCがうまくなったなあ。
魅せ方がうまくなったなあ。
歌が安定してきたなあ。
ラップが上手になったなあ。
大人になってきたなあ。

会場の後方から、時々泣きそうになりながら、
彼女たちの成長を感じていました。

新曲は「ぶりっこROCK’N ROLL 」
横浜銀蝿の翔さんが作曲した、
杉本哲太さんがヴォーカルを務めていた紅麗威甦の名曲です。
恐れ多くも編曲させていただきました。ギター大変だった…
ぜひツイストして楽しんでくださいね!

当日は10・Quatreも出演でした。

C-Styleとコラボするというなんとも贅沢な演出も!!
野本はまだ10・Quatreお稽古場で刀を握ったことがないのに笑!!!

でもこうやって大好きなアーティスト達が繋がるだなんて、
もう本当に夢のようで、完全にいわゆる「俺得」というやつでした。
幸せな空間、最高でした。

またみんなで一緒にステージ立てる日がくるといいな。
その日までがんばろう。




そんな夢のような6周年GIGも終わり、即現実。
昨日は音楽を担当しているミュージカルの最後の歌稽古でした。

拙いピアノをぶっ叩きながら一緒に歌って、
なかなか歌が合ってきました。

僕は演技のことはわからないけど、
演技が入ると歌にも感情がものっすごい入ってきて、
圧倒されてしまいます。

いつも思うけど、役者さんて本当にすごい。
歌もやって、演技もやって、ダンスまで踊る。
僕にはできない。だから本当にすごい。
尊敬しながら見ています。

今回は、もっつも編曲で数曲参加していて、
すごい楽曲ばかりが揃っています。
脚本も演出も素敵だし、これは傑作です。

僕はあと一曲作ったらちょこっとお稽古場に顔を出して、
そしたらもうあとは小屋入りだけ。
キャストのみんなーがんばれーーー!!!!

ということで、6周年、ミュージカル共にちょこっとひと段落。
そろそろ次のステップを考えつつ、音楽にまみれていこうと思います。
ライブもやれたらやりたいな。

今思い出した。今日は平成最後の日。
令和、良い時代にしていきたいですね!
新しい時代もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは。





-Stage-

A´company Produce Rock Musical
GET OUT! STREET!! ~Broken town~
-トゥー・ウェイ・ストリート-

脚本/演出/振付 村山 歩
音楽 野本健太郎

【日程】2019年5月23日(木)~5月26日(日)
【劇場】新宿シアターモリエール

2013年、2016年と再演を熱望頂き実現されてきたA´company人気No.1海外作品が 全オリジナル楽曲のロックミュージカルとして生まれ変わる!!
壮大なエンターテイメントの誕生!!
ソング×ダンス×アクション×エンターテイメント!!

******************************************************

僕は…なぜこの星の下に生れたんだろう…

ここは、とある国のOne way street ―――。

当時、ここには陽の目を浴びず、ストリートチルドレン、所謂〝孤児〟たちが犇めき合っていた。
―――その少年少女たちも今や大人になろうとしている。

一方、このOne way streetは凶悪集団、Hammer headが占領し、権力を振りかざしていた。
―――懸隔している若者たち。
自分達の生き方を探し、生きるか死ぬかの現実・・・。

それぞれの想い・・・未だ消えぬもの、譲れぬもの、求め続けているもの・・・。
友情、愛情、憎しみ、嫉妬心、欲望・・・
本能のままの感情が交錯する若者たちのTwo way streetストーリー!!

最後に彼らが共に見たものとは・・・。
それでも僕らは、共にこの星の下に生れた…

******************************************************
【CAST】
山下竜輝 森田恭隆/川野雄平 栗田萌/
秋山皓郎 有元啓太朗 河津未来 佐々木寿治/藤田真澄 松本涼花/
岡野敬(EDAMAME BEANS) 中野龍(EDAMAME BEANS) 吉野俊矢/
村松享 井川達也 堀和弘 稲富勇暉/  
山岡砂矢夏 黒須杏樹 宮川りの 木村日向子 石田心/
田辺レオ 河内奏人 本多明鈴日 堀鈴 日野杏樹


【STAFF】
脚本・演出・作詞・振付:村山 歩
作曲:野本健太郎(N office)
編曲:野本健太郎(N office)/岡本聖史(N office)
舞台監督:入倉 津
照明:遠藤 智
音響:田中慎也/福西理佳(零’s Record)
美術:入倉 津
ボイストレーナー:橋爪貴明?
ヘアメイク:高橋 萌
宣伝美術:平石智美
宣伝写真:木村有希
主催・企画・製作:A´company


【協力】
スターダストプロモーション/ブロッサムエンターテイメント/えりオフィス/アヴァンセ/劇団ひまわり/N office 他(順不同)


【タイムテーブル】
2019年5月23日(木)~5月26日(日)      
5月23日(木)◯18:45
5月24日(金)◇18:45
5月25日(土)☆13:30/◇18:30
5月26日(日)☆12:30/◯17:00

◯=初日、千秋楽挨拶あり
☆=アフタートークショー/◇=お見送りイベント

※受付は開演45分前、開場は特別先行特典のお客様は開演30分前、先行チケットのお客様は25分前、一般チケットのお客様は20分前となります。
※未就学児童のご入場は御遠慮頂いております。予め御了承下さい。
※トークショー、お見送りイベントの参加出演者は後日公演サイトにて発表させて頂きます。
※初日、千秋楽の挨拶は一部キャストとなります。


【チケット料金】<前売り>¥5,800- <当日>¥6,000-  (税込・全席自由)


【チケット発売】
<特別先行チケット発売>※枚数限定発売
2019年3月24日(日)AM10:00~3月27日(水)AM10:00限定
応援して頂いております(御指名)キャストの限定非売品ブロマイド+先行入場券付き

<先行チケット発売>※枚数限定発売
2019年3月31日(日)AM10:00~4月5日(金)AM10:00限定
第二先行入場券付き

<一般チケット発売>
2019年4月14日(日)AM10:00~


【チケットに関して、御予約はこちらから】
https://adashcompany.com/ticket/
※注意事項、特典等の詳細は公演サイトを御確認の上、お申し込み下さい。


【情報公開】
公式HP   https://www.adashcompany.com/
公演サイト https://adashcompany.com/gos2019/
◎最新情報は、随時更新して参ります。


【お問合せ】
https://adashcompany.com/contact/

-Discography-

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は onomatopoeia_c-1024x684.jpg です

■New Album「onomatopoeia」¥2,800-(税込) KNMR-0002
1 HAHAHA
2 めざめ
3 ララルラ
4 少年のように 少女のように
5 エマ
6 花
7 凛
8 ドリー
9 ハカナクトモ
10 Mag Mell
11 空に届く歌
©N office
ライブ会場のみ限定発売中!

■毎週土曜日19:00放送 ShibuyaCross-FM 『歌手アーティスト応援部』
主題歌「sing!」の作曲・編曲・歌を担当
iTunesで配信開始となりました!
https://itunes.apple.com/jp/album/sing!-ge-shouatisuto-ying/id1054642397
↑こちら!段落

■「シングル「れとロジック」、ミニアルバム「カナデムシケラ」「そら」はiTunes Store、Amazonを始め主要音楽配信サイトにてお求め頂けます。
「野本健太郎」 で検索いただくとヒット致します。